よくあるご質問

お客様より多くよせられるご質問を一覧にまとめました。
この質問集以外にご不明な点などございましたら、フリーダイヤルでお尋ねください。

このページはA4サイズ用紙に印刷できます。
パソコンに接続しているプリンターにA4サイズの用紙を
セットして右の印刷ボタンを押してください。

このページを印刷する

「死亡診断書」について
死亡事由などの検案について記した書類のことで、医師が発行します。病院で亡くなった場合は医師が臨終に立ち会って、確認後、発行されます。
ご自宅でなくなった場合は、医師を呼んで状況を確認後、発行されます。
事故死や変死・自殺などの場合は警察による検死後、死体検案書(死亡診断書)を警察が発行します。

▲ 質問の一覧へ戻る

死亡のお知らせについて
医師により臨終が確認されたら、葬儀の日程などを決める前に亡くなった事をお知らせします。まずは、別居の家族、親族、親しい友人、勤務先などです。

▲ 質問の一覧へ戻る

葬儀の準備を始める前に
まずは、弊社へご連絡ください。(24時間・年中無休で対応しております)通夜・葬儀に関するお打ち合わせをさせていただきます。
また、隣近所へは直接出向いてごあいさつをお願いします。
葬儀の日時、会場などが決定したら告別式に間に合うように各方面へのご連絡をお願いします。
また、新聞のおくやみ欄に掲載を希望される場合は、弊社担当者へご一報ください。受付電話番号をご連絡いたします。

▲ 質問の一覧へ戻る

必要な書類について
医師より死亡診断書を受け取ったら、市町村役場へ提出します。日・祝・時間外でも受け付けていますので、亡くなったらできるだけ早く(遅くとも翌日)届け出ます。
死亡届を提出後、火葬許可証を受け取り、これを火葬の際に提出すると埋葬許可証として渡されます。これは後日の納骨の際に必要となりますので大切に保管して下さい。
なお、各種手続きに関してましては全て弊社で代行させていただきます。

▲ 質問の一覧へ戻る

「枕飾り」について
ご遺体は北枕(または西枕)になるように安置し、僧侶を迎えて枕経をあげます。
枕元には枕飾りを整えます。樒を差した花立、茶碗にご飯を盛り付け箸を立てる一膳飯、水を入れたコップ、線香立てをおきます。

▲ 質問の一覧へ戻る

「神棚封じ」について
ご自宅で葬儀をとり行う際、家の中の絵画、生け花、賞状やトロフィーといった華やかなものは全て片付けます。
神棚は扉を閉めます。(扉の無いものは御神体が隠れるように半紙を貼り下げます)

▲ 質問の一覧へ戻る

仏壇の準備について
浄土真宗の場合は仏壇の扉を開き、内敷を白に替えて樒を差した花立を供えます。その他の宗派の場合は仏壇の扉は閉めておきます。

▲ 質問の一覧へ戻る

ご自宅での葬儀の際の注意点
道路上に受付を設置したり花輪などを並べるときには所轄の警察署に申請する必要があります。
ご自宅の敷地内で設置できる場合はこの限りではありません。

▲ 質問の一覧へ戻る

「戒名(かいみょう)」について
日蓮宗では「法号」、真宗では「法名」と呼びますが、その他の宗派では「戒名」といいます。
枕経をあげた僧侶が故人と同じ宗派なら、そのときに戒名をつけてもらいますが、故人の宗派がわからない場合はとりあえず俗名で葬儀を出します。

▲ 質問の一覧へ戻る

通夜・葬儀の際の礼装について
男性の場合 和装なら黒の紋付袴を着用します。洋服の場合はモーニングです。
これに順ずる礼装としてブラックスーツを着用します。 ネクタイ、ポケットチーフ、靴、靴下、は黒を用います。
女性の場合 和装なら黒無地五つ紋付で、帯、帯揚げ、帯締めは黒のものを、半襟と足袋は白を用います。
洋服の場合は飾り気の無い黒無地のスーツやワンピース、アンサンブルなどを着用し、靴、バッグは黒を用います。

▲ 質問の一覧へ戻る

通夜の席次について
棺に近い場所から、喪主、肉親、近親者、友人という順番で着席し、準備が整ったら僧侶が入場して通夜をとり行います。

▲ 質問の一覧へ戻る

神式の場合の通夜について
神社の格や地域によって様々ですが、最近は簡略化され、通夜祭と遷霊祭が引き続いて行われることが多くなりました。
通夜祭には楽員、一般参列者が着席、続いて斎主(神職)、祭員が着席した後に遺族、親族が入場します。祭詞奏上があり、喪主から順に参列者一同、玉串奉奠します。
遷霊祭は、灯火を消した暗闇の中で、遺族、親族が参列し、神職の手で行われ、終わった後で納められて一家の守護神となります。

▲ 質問の一覧へ戻る

キリスト教の場合の通夜について
本来キリスト教では通夜は行いませんが、日本の習慣に従って前夜式を納棺式と合わせて行う場合があります。
祭壇の前に遺族、親族、参会者が集まり、司式者(牧師、神父)により賛美歌を合唱。続いて司式者の聖書朗読、神父の言葉、祈りのあと、一同が献花をします。

▲ 質問の一覧へ戻る

「別れの花」について
葬儀が終わると、親族は最後の別れとして棺の前に喪主、遺族、近親者と血縁の深い順に並んで各自一輪ずつ花を遺体の周りに敷き詰めます。 これを「別れの花」の儀式といいます。

▲ 質問の一覧へ戻る

「お骨あげ」について
火葬をしている1時間半から2時間の間、参列者は控室で待ちます。火葬が終わると骨を拾って骨壷に納めるお骨あげを行います。 二人一組で箸を使い、足の方から順に要所の骨を拾い、最後に喪主が「のどぼとけ」(舎利と呼ばれる)を納めるのが慣わしです。

▲ 質問の一覧へ戻る

葬儀の後に行うこと
通夜から葬儀にかけて世話役に任せていた事務の一切を引き継ぎます。会葬者名簿、御供物名簿、名刺類、香典類(金額をよく確認する)を受け取ります。 葬儀終了後、僧侶への謝礼は「御布施」と表書きし差し出します。
葬儀でお世話になった人や隣近所へのお礼の挨拶は、告別式の翌日に行います。

▲ 質問の一覧へ戻る

「香典返し」について
宗派によって多少異なりますが、仏式では四十九日の忌明けに挨拶を兼ねて行います。(半返しともいいます)いただいた額の二分の一から三分の一程度で、お茶・石けん・タオルなど、後に残らないものにあいさつ状をつけて届けます。
最近では通夜・葬儀当日に香典返し(当日返し)を行うことが多くなっています。
※弊社では香典返し(会葬品)や当日返しに適した商品を数多く取り揃えております。

▲ 質問の一覧へ戻る

「形見分け」について
故人の遺品となるものを整理し、故人が生前愛用していたものを近親者で分けます。目上の人には先方からの申し出がない限りは遠慮し、衣類などはクリーニングに出しておくようにします。

▲ 質問の一覧へ戻る

忌中法要・年忌法要について
仏式の場合七日ごとに故人を供養します。(地域や宗派により多少異なる場合があります)
日数 呼び方 法要の内容
7日目 初七日(しょなのか) 親族や知人、葬儀でお世話になった方を招き、読経、焼香の後、故人を偲んで会食を行う。(葬儀当日に行う場合も多い)
14日目 二七日(ふたなのか) 遺族のみ
21日目 三七日(みなのか) 遺族のみ
35日目 五七日(ごなのか) 宗派によっては、親族や知人を招き、忌明けの法要を行う。納骨式を行い会食する。白木位牌から塗位牌に替え、仏壇に納める。
42日目 六七日(むなのか) 遺族のみ
49日目 七七日忌(しちしちひき) 親族や知人を招き、忌明けの供養をする。埋骨式を行い会食する。白木位牌から塗位牌に替え、仏壇に納める。
初盆 新盆 仏の供養を行う。
100日目 百か日 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満1年目 一周忌 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満2年目 三回忌 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満6年目 七回忌 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満12年目 十三回忌 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満16年目 十七回忌 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満22年目 二十三回忌 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
※命日の前の休日等にあわせて、法要の日を多少変えてもかまいません。
※関西地方では一般的に死亡日の前日から数えます。

▲ 質問の一覧へ戻る

神式の場合(霊前祭)神式では斎日(さいにち)といって、10日単位が決まりごとになっています。(地域により多少異なる場合があります)
日数 呼び方 法要の内容
翌日 翌日祭 献饌(けんせん)、祭詞、玉串奉奠などを行う。
10日目 十日祭 献饌(けんせん)、祭詞、玉串奉奠などを行う。
20日目 二十日祭 遺族だけで行うことが多い。
30日目 三十日祭 遺族だけで行うことが多い。
40日目 四十日祭 遺族だけで行うことが多い。
50日目 五十日祭 親族・知人を招き、忌明けの供養をする。神職を呼んで、献饌、祭詞、玉串奉奠などを行う。
50日目の翌日 清祓祭(せいばつさい) 修祓(しゅうばつ)して、清祓(せいばつ)の儀を行う。
初盆 新盆 仏式と同様に死者の供養を行う。
100日目 百日祭 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満1年目 一年祭 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満2年目 二年祭 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満5年目 五年祭 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満10年目 十年祭 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
満20年目 二十年祭 親族や知人を招き、故人を偲んで供養する。
※命日の前後の休日等にあわせて、行事の日取りを多少変えることもあります。
※満30年目(三十年祭)以後は個人的供養を行うのは少ないようです。

▲ 質問の一覧へ戻る

埋葬、納骨の時期について
遺骨はいったん自宅に安置しますが、長く置かない方が良いとされます。埋葬、納骨は仏式の四十九日に当たる忌明けの頃に行われることが多く、1年以内には終えるようにします。

▲ 質問の一覧へ戻る

埋葬、納骨をすぐに出来ない場合は
墓地の問題や、郷里が遠いなどの理由で自宅安置が長くなるような場合、仮納(かりおさめ)、預骨(よこつ)といって寺院、教会、霊園の納骨堂で預かってもらえます。

▲ 質問の一覧へ戻る

埋葬、納骨について
遺族や近親者、ごく親しい友人などで行います。霊園や寺院などへは事前に連絡しておき手続きや墓地、祭壇の準備などを依頼します。埋葬許可証、認印が手続きに必要ですので必ず持参してください。埋葬許可証は納骨した寺院や霊園で預かることが多いようです。
仏式 焼香道具、花、ろうそく、線香、水桶などを用意し、僧侶の司式により読経・焼香します。
神式 神職のお祓いと祭詞で進行します。10日ごとの霊祭のどの日かを選びます。

▲ 質問の一覧へ戻る

この質問集以外にご不明な点などございましたら、フリーダイヤルでお尋ねください。

ご相談はフリーダイヤルで 0120-059610

このページの先頭へ戻る